会社を設立したら金融機関からお金を借りた方がいい?

融資
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「会社を設立したら金融機関からお金を借りた方がいい」ということを聞いたことはありませんか?金融機関からお金を借りるメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?本当にお金を借りた方がよいのでしょうか?

金融機関から融資を受けるメリットは?

金融機関からお金を借りると次のようなメリットがあります。

①成長のスピードを速くすることができる

設備投資をする、商品やサービスの開発、人を雇用する、広告宣伝をする・・・事業をしていると何をするにしてもお金がかかります。

自己資金だけでそれらのお金が十分に賄えれば何の問題もありませんが、そうでない場合はお金がネックになって事業が進まないということにはならないでしょうか?

どんな事業も同業他社とのスピード競争です。とてもよい商品やサービスができそうであっても、他社に先に開発されてしまったり、他社が多額の広告宣伝費を投入してシェアを奪い取ってしまっては、競争に負けてしまいます。

お金を借りて、それを事業で有効に使うことができれば、事業の成長のスピードを速くすることができるでしょう。

②資金的な余裕ができる

金融機関からお金を借りると、お金を借りなかったときよりも資金的には余裕ができるでしょう。ビジネスをしていれば、良いときも悪いときもあります。悪いときに資金が不足すると会社が倒産してしまうこともあります。そのような場合でも資金的な余裕があれば、持ち応えることができます。そのような事業の波を乗り越えるための資金的な余裕を作ることができます。

③金融機関と取引関係を築くことができる

金融機関からお金を借りると、毎月返済していかなければなりません。ごく当たり前のことなのですが、期限に遅れず返済していくと、それは「信用」を積み上げていくことにもなります。そいて、次に融資を受ける際には、「あの会社は、問題なくきっちり返済した。この金額なら大丈夫だろう。」とより大きな金額でスムーズに融資を受けることができるようになります。そのような実績もなしに、いきなり大きな金額の融資を受けることはできません。

また、創業間もないタイミングでは、多くの場合で、日本政策金融公庫の「創業融資」や信用保証協会の保証を受けるいわゆる「制度融資」を利用することとなるでしょう。しかし、将来的には信用保証協会の保証もなしに、プロパー融資(民間の金融機関が会社の信用力だけでお金を貸してくれる融資)を受けることができるようになります。プロパー融資になると、金利や借入金額は、銀行との交渉次第(=会社の信用力次第)となるので、資金調達の幅が大きく広がります。

④お金の借り方を学ぶことができる

大きな会社にするのであれば、今は必要なくても将来的には金融機関からお金を借りなければならないこととなるでしょう。そのときに、お金の借り方・交渉の仕方、金融機関の考え方、自己資本の考え方、各種経営指標を使った決算書の見方を理解できているかどうかは、とても大きなポイントとなってきます。これらはすぐに身につくものではなく、金融機関と付き合うことによって、少しずつ理解できるようになるでしょう。

 

 

金融機関から融資を受けるデメリットは?

一方で、金融機関からお金を借りると次のようなデメリットがあります。

①利息を払わなければならない

当然ですが、お金を借りると、それに対する利息を支払わなければなりません。
その分だけ経費が増え、会社の利益は減ることとなります。

②決算の報告を求められる

お金を貸した金融機関からすると、会社がきちんと借入を返済することできるか、を見ていかなければないので、毎期決算が終わると決算書の提出を求められることがあります。また決算のタイミングでなくても、月次試算表の提出を求められることもあります。

③多くのケースで社長が連帯保証人となる

会社で融資を受けると、多くの場合で経営者の連帯保証を求められます。万が一、会社の事業がうまくいかず借入を返済することができなくなった場合、連帯保証人となった経営者は個人の資産で弁済していかなければならないこととなります。

 

 

結局お金を借りた方がいいの?

お金を借りるかどうかはやろうとしている事業によっても異なりますし、最終的には社長の判断となります。

ただし、今後、事業を大きく伸ばしていきたいという意向があるのであれば、すぐに必要ではなくても、早い段階で金融機関から少しでも融資を受けておくことをお勧めします。

今は低金利時代でもあり利息といってもそれほど大きな金額になりません。数パーセント程度の利息を上回る利益を獲得することができないのであれば、そもそもそのビジネスに期待できるかどうか、ということから考えなければなりません。

多額の融資を受けるのが不安なのであれば、まずは小さな金額で融資を受けてみるとよいのではないでしょうか。また、必要ないお金はそのまま使わずに寝かせておけばよいでしょう。

金融機関はとてもシビアです。事業の状況が悪くなり、いざ資金が足りなくて困ったというときに、金融機関から融資を受けるのはとても難しいのです。事業にも波があります。金融機関から好条件で融資を受けることができるのは、事業の調子がいいときだけ、と考えてください。

 

 

 

まとめ

今後、設立した会社をドンドン大きくしていくのであれば、いずれは金融機関と付き合うことが不可欠。そうであれば、早い段階から付き合いを始めて、関係を深めたり、付き合い方を学んでいくのがよいのではないでしょうか。

この記事を書いた人
松本 佳之

税理士・公認会計士・行政書士
みんなの会計事務所代表。「税理士のノウハウを会社成長の力に」をモットーに、大阪で起業支援、中小・ベンチャー企業の支援や税務の他、個人確定申告、相続・相続対策等の税務業務を手掛ける。

松本 佳之をフォローする
融資
スポンサーリンク
松本 佳之をフォローする
経営SCOPE
タイトルとURLをコピーしました